■■一覧1 VoiceOverのジェスチャ一覧 (2021年9月22日現在 iOS 15.0)

■■一覧1 VoiceOverのジェスチャ一覧


(2021年9月22日現在 iOS 15.0)
 タッチ操作の一覧と、それに対応したキーボードのショートカットと点字コマンドの一覧です。
 アップルキーボードのレイアウトはWindowsキーボードと異なっています。
 キーの名称の違いとショートカット全般の一覧は、

■■一覧2 キーボードからのショートカットキー一覧
http://voicei-gestures.seesaa.net/article/482638201.html
のセクションで紹介しています。






__________目次の先頭へもどる__________

■一覧1-1 基本的な用語の説明








































タッチ 

画面に指をつけること。

タップ

画面をトンと軽くたたく

スワイプ

画面につけた指を指定の方向に少しスーッと滑らせてから指を離します。ほうきで掃除するようなしぐさです。

フリック

指定の方向に勢いよく指を動かすような、ひっかくような動きです。ホコリをはじき飛ばすようなしぐさです。

ホールド

画面に指をつけたままにする(長押し)

スライド

画面に指をつけて、そのまま滑らせます。

ドラッグ

画面に指をつけて、目的の場所まで滑らせます。

ローター

2本の指を使ってダイヤルを回すしぐさ




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧1-2 iOS 13とiOS 12までの違いについて


 iOS 12での1本指のトリプルタップの役割は「標準ジェスチャのダブルタップ」に相当しますが、iOS 13では1本指の4回タップがそれに変わって追加されました。



__________目次の先頭へもどる__________

■一覧1-3 共通のジェスチャ


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。

























































































































































































































































































































































































































































































使用する指の数

ジェスチャ

しぐさ

説明

利用シーン

キーボードショートカット

クイックナビゲーションがオンになっている時のショートカット

点字コマンド

標準ジェスチャ

1本指でのジェスチャ

タッチ

画面に指をつけます。

指下の項目を読み上げて選択状態にします。

VoiceOverカーソルがフォーカスしている状態です。

画面に表示されている内容を読み上げさせる時に使います。

 

 

 



ダブルタップ

トン・トンと2回画面を叩きます。

アクティベート。

項目の実行

項目が選択状態になっていたら、その項目を実行します。アプリやボタンなど。

VO + スペース

上矢印 + 下矢印

3-6 + スペース

1本指でシングルタップ

スプリットタップ

まず一本の指で目的の項目にタッチします。つづいてもう一本の指を画面のどこでもよいのでタップします。

アクティベート。

項目の実行

ダブルタップと同じ結果になります。まず1本の指で項目を選択状態にしてからもう1本の指で実行操作に移るので、選択項目から指がずれてしまう心配は少なくなります。

ソフトウェアキーボードで文字入力する時に活用できます。

 

 

 

 

トリプルタップ

トン・トン・トンと画面を3回叩きます。

長押し

 3D Touchと触覚タッチで表示されるクイックアクションメニュー、コンテクストメニューを開く時などに利用できます。

シフト + VO + M

 

3-6-7-8 +

スペース

1本指で長押し

3D Touch

4回タップ

トン・トン・トン・トンと画面を4回叩きます。

2回目のアクティベート

標準ジェスチャのダブルタップと同じ働きをします。

 

 

 

1本指でダブルタップ

1本指でのダブルタップ&ホールド

トン・トンと2回画面を叩いて、2回目のタップでは指を離さずに画面にタッチさせたままにします。

長押し。

標準のジェスチャを利用できるきっかけを作ります。

様々な場面で利用できます。

アプリの削除や移動を実行するモードに入ります。音楽再生時に早送りや巻き戻しの操作ができます。

このジェスチャにつづけて、指を画面につけたまま、1本指で上下左右方向にスワイプすると、画面をスクロールできます。

VO + スペースの長押し

 

3-6-7-8 +

スペース

1本指で長押し

左スワイプ

ほうきで掃くように指をスーッと動かします。左に向けて。

前の項目へ移動。

 

VO + 左矢印

左矢印

1 + スペース

 

右スワイプ

ほうきで掃くように指をスーッと動かします。右に向けて。

次の項目へ移動。

 

VO + 右矢印

右矢印

4 + スペース

 

上スワイプ

ほうきで掃くように指をスーッと動かします。上に向けて。

前のローター項目

選択したローター・カテゴリ内で前の項目に移動します。

様々な場面で利用できます。文字やリンク単位では前へ移動、索引バーで前に向けて移動、音量アップなど。

ピッカー操作でも使用します。

VO + 上矢印

上矢印

3 + スペース

 

下スワイプ

ほうきで掃くように指をスーッと動かします。下に向けて。

次のローター項目

選択したローター・カテゴリ内で次の項目に移動します。

様々な場面で利用できます。文字やリンク単位では次へ移動、索引バーで後ろに向けて移動、音量ダウンなど。

ピッカー操作でも使用します。

VO + 下矢印

下矢印

6 + スペース

 

ステータスバーにタッチした後でダブルタップ

まずステータスバーにタッチします。一度指を離してからトン・トンと2回画面を叩きます。

トップにスクロール

ウェブページなど、縦にスクロールする画面では、最初のページを表示します。

 

 

 

 

2本指でのジェスチャ

シングルタップ

 

スピーチを切り替え

連続読み上げの一時停止と再開。

メールなどを連続読みさせている時に読み上げを停止させます。もう一度同じ操作を行うとその場所から読み上げが再開されます。

コントロールキー

 

1-2-3-4 +

スペース

 

ダブルタップ

 

マジックタップ

アクションの開始と停止。

様々な場面で利用できます。電話の応答や切断、音楽やビデオの再生や一時停止、カメラの撮影、ビデオカメラの録画開始と停止、音声認識の停止など。

VO + ハイフン

 

1-5-6 +

スペース

 

トリプルタップ

 

項目セレクタを表示

画面に表示されている項目をアルファベット順に並べ替えて表示します。ホーム画面を表示させると元の画面に戻ります。

項目セレクターの画面になると画面の上部に検索ボックス、右上に目次と索引の操作バーが表示されます。

VO + I

 

2-4 + スペース

 

4回タップ

 

クイック設定を開く

VoiceOver設定の項目を一覧表示して、各機能のカスタマイズができます。ローター・カテゴリの内容が多く含まれているので、ロータージェスチャが苦手な人にとっては代替手段になりえます。

VO + V

VO + V

 

 

ダブルタップ&ホールド

 

項目にラベルを付ける

名前の付いていないボタンや好きな名前に変更したい項目の場所で実行します。

VO + スラッシュ

VO + スラッシュ

1-2-3-4-6 + スペース

 

上スワイプ

 

上から読み上げ

最初の項目から連続読みさせます。

メールやウェブページを閲覧する時に便利です。

VO + A

 

2-4-5-6 +

スペース

 

下スワイプ

 

すべて読み上げ

選択した項目から連続読みさせます。

VoiceOverカーソルがフォーカスしている箇所から下に向かって読み上げます。

VO + B

 

1-2-3-5 +

スペース

 

右スワイプ

 

ムーブイン

グループを展開する。

ナビゲーションスタイルでグループ化を選んでいる場合、関連項目を表示します。

たとえば天気アプリのデータなど。

VO + シフト + 下矢印

VO + シフト + 下矢印

 

 

左スワイプ

 

ムーブアウト

グループを折りたたむ。

ナビゲーションスタイルでグループ化を選んでいる場合、関連項目を非表示します。

VO + シフト + 上矢印

VO + シフト + 上矢印

 

 

ステータスバーにタッチした後で下スワイプ

まずステータスバーにタッチします。一度指を離してから下に向けてスワイプ、ほうきで掃くように指をスーッと動かします。

画面読み上げの開始

 VoiceOverのオンとオフにかかわらず、画面内容を読み上げます。

設定アプリの中の「アクセシビリティ」、「読み上げコンテンツ」、「画面の読み上げ」がオンになっている必要があります。E30

 

 

 

画面の上端から2本指で下スワイプ

次のローター

2本指を画面につけたままでダイヤルを回すように滑らせます。時計回り。

ローター・カテゴリを変更します。

文字やリンク単位の移動の切り替え、VoiceOverの速度や言語の切り替えに利用します。

VO + コマンド + 右矢印

上矢印 + 右矢印

5-6 + スペース

 

前のローター

2本指を画面につけたままでダイヤルを回すように滑らせます。反時計回りに。

ローター・カテゴリを変更します。

 

VO + コマンド + 左矢印

上矢印 + 左矢印

2-3 + スペース

 

スクラブ

2本指を画面にタッチしたままでスッスッスッと3回擦るように動かします。縦でも横方向でもかまいません。

AとBの2点間をAからB、BからA、AからBのように連続して指を滑らせます

2本指でアルファベットのZを描くようにイメージすることもできます。

エスケープします。

直前の画面に戻ったり、操作中の内容をキャンセルします。

「戻る」や「キャンセル」ボタンを押す動作と同じになりますが、画面のどこで実行してもよいので素早い操作ができるようになります。

エスケープ

 

1-2 + スペース

 

3本指でのジェスチャ

シングルタップ

 

項目の概要を読み上げ

現在の画面の位置やページ数、イメージの説明、テキストフィールド内では挿入ポイントの位置を読み上げます。

VO + F3

 VO + F3

3-4 + スペース

 

ダブルタップ

 

VoiceOver音声の消音のオンとオフを切り替え

読み上げの音声を消したり再開します。

音楽の再生時や録音の操作中、VoiceOverの声が不必要な時に利用します。

VO + S

VO + S

1-3-4 +

スペース

 

トリプルタップ

 

スクリーンカーテンを切り替え

画面を消したり付けたりします。

バッテリーを長持ちさせたい時や他人から画面をのぞき見されないために使います。

VO + F11

VO + F11

1-2-3-4-5-6 + スペース

 

4回タップ

 

読み上げをクリップボードにコピー

直前に読み上げた内容をクリップボードにコピーします。

読み上げた内容の文字列をコピーできるので、テキストフィールドにペーストする時に使えます。

シフト + VO + C

シフト + VO + C

 

 

左スワイプ

 

右にスクロール

次のページへ移動、画面を右スクロールします。

ホーム画面やアプリ内で次ページに移動します。

 

オプション + 右矢印

1-3-5 +

スペース

1本指の左スワイプ

右スワイプ

 

左にスクロール

前のページへ移動、画面を左スクロールします。

ホーム画面やアプリ内で前ページに移動します。

 

オプション + 左矢印

2-4-6 +

スペース

1本指の右スワイプ

上スワイプ

 

下にスクロール

次の画面へ移動、下スクロールします。

メール本文やウェブページなどで次の画面にスクロールします。

 

オプション + 下矢印

1-4-5-6 +

スペース

1本指の上スワイプ

下スワイプ

 

上にスクロール

前の画面へ移動、上スクロールします。

画面を引き下げて更新。

ホーム画面ではスポットライト検索画面を表示。

メール本文やウェブページなどで前の画面にスクロールします。

アプリによっては表示内容を更新する目的でも利用できます。



 

オプション + 上矢印

3-4-5-6 +

スペース

1本指の下スワイプ

ステータスバーにタッチした後で下スワイプ

まずステータスバーにタッチします。一度指を離してから下に向けてスワイプ、ほうきで掃くように指をスーッと動かします。

通知を表示

天気アプリなど通知設定しているアプリの通知内容を表示させます。

Vo + ページアップ

Vo + ページアップ

4-6 + スペース

画面の上端から1本指で下スワイプ

ステータスバーにタッチした後で上スワイプ

まずステータスバーにタッチします。一度指を離して、画面の真ん中辺りからステータスバーに向けてスワイプ、ほうきで掃くように指をスーッと動かします。

コントロールセンターを表示

機内モード、Wi-FI、Bluetooth、画面の向きのロック、メディアの再生コントロールなどを表示させて、それぞれ設定の操作ができます。

Vo + ページダウン

Vo + ページダウン

2-5 + スペース

画面の下端から1本指で上スワイプ

4本指でのジェスチャ

画面の上半分の場所でシングルタップ

画面の上半分の場所でトンと1回画面を叩きます。

最初の項目へ移動

画面の中で最初の項目に移動します。

ウェブページの先頭に移動する時に活用できます。

また、アプリによっては先頭に「もどる」ボタンが配置されていることが多いので素早く移動できます。

VO + ホーム

コントロール + 上矢印

1-2-3 +

スペース

 

画面の下半分の場所でシングルタップ

画面の下半分の場所でトンと1回画面を叩きます。

最後の項目へ移動

画面の中で最後の項目に移動します。

VO + エンド

コントロール + 下矢印

4-5-6 +

スペース

 

ダブルタップ

 

ヘルプを開始

ヘルプモードではVoiceOver特有のジェスチャの練習ができます。

行なったジェスチャの意味を説明してくれます。

VO + K

VO + K

1-3 + スペース

 

トリプルタップ

 

人の検出をオンにします。

(LiDARスキャナ搭載のデバイスのみ)

拡大鏡の画面に切り替わり、人の検出機能がオンになります。ホーム画面など、どの状態からでも呼び出せます。



 

 

 

 

左スワイプ

 

前のAppへ切り替え



シフト + VO + 左角括弧

 

 



右スワイプ

 

次のAppへ切り替え

 

シフト + VO + 右角括弧

 

 

 

その他の

操作

ピンチイン&ピンチアウト

2本指をそろえたままで同時に画面につけます。指と指の間を広げたり、狭めたりします。

文字列を選択します。

ズーム機能がオンになっていると拡大縮小でも利用できます。

選択した文字列はコピーしたり、辞書検索したりできます。

VoiceOverがオフの環境では、ピンチアウトで画面を拡大、ピンチインで縮小します。

 

 

 

 

ホーム画面での3本指下スワイプ

ホーム画面で、3本の指で下スワイプします。

スポットライト検索の画面を表示します。

 

コマンド +

スペース

コマンド +

スペース

3-4-5-6 +

スペース

1本指の下スワイプ

ホーム画面の最初のページでの3本指右スワイプ

ホーム画面の最初のページで、3本の指で右スワイプします。

「今日 Today」の画面を表示します。

 

 

オプション + 左矢印

2-4-6 +

スペース

1本指の右スワイプ

スクリーンロックの画面で、3本指の右スワイプ

ロック状態の画面で、3本指で右スワイプを行います。

「今日 Today」の画面を表示します。

 

 

オプション + 左矢印

2-4-6 +

スペース

1本指の右スワイプ

スクリーンロックの画面で、3本指の左スワイプ

ロック状態の画面で、3本指で左スワイプを行います。

カメラアプリの画面に切り替わります。

 

 

オプション + 右矢印

1-3-5 +

スペース

1本指の左スワイプ




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧1-4 ホームボタンのないiPhoneで使えるジェスチャ


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。

















































説明

ジェスチャ

しぐさ

ホームボタンのあるiPhone

標準ジェスチャ

ホーム画面の表示

画面の下端から1本指で上スワイプ

1本の指を画面の下端から上に向けて素早くスーット滑らせて、1回目のハプティックフィードバック(振動)を確認したら指を離します。



ホームボタンの1回クリック

画面の下端から1本指で上スワイプ

アップスイッチャーの表示

画面の下端から1本指で上スワイプ

1本の指を画面の下端から上に向けて素早くスーット滑らせて、2回目のハプティックフィードバック(振動)を確認したら指を離します。



ホームボタンの2回クリック

画面の下端から1本指で上スワイプ

簡易アクセス

画面の下端から1本指で上スワイプして、つづけて下スワイプ

画面の下端から1本指で上スワイプします。

ハプティックフィードバック(振動)を確認したら、画面につけたままの指を素早く指を下スワイプします。

ホームボタンの2回タップ

画面の下端から1本指で上スワイプして、つづけて下スワイプ

コントロールセンターの表示

画面の上端から1本指で下スワイプ

1本の指を画面の上端から下に向けて素早くスーット滑らせて、1回目のハプティックフィードバック(振動)を確認したら指を離します。



ステータスバーにタッチした後で3本指の上スワイプ

画面の右上端から1本指で下スワイプ



通知の表示

画面の上端から1本指で下スワイプ

1本の指を画面の上端から下に向けて素早くスーット滑らせて、2回目のハプティックフィードバック(振動)を確認したら指を離します。

箒で掃くようなしぐさです。



ステータスバーにタッチした後で3本指の下スワイプ

画面の右上端以外から1本指で下スワイプ




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧1-5 iPadで使えるジェスチャ


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。















































































説明

ジェスチャ

しぐさ

キーボードショートカット

ホームボタン

点字コマンド

標準ジェスチャ

アップスイッチャーの表示

5本指でピンチアウト

5本の指でタッチして、親指と残り4本の指との間を広げるようにします。



VO + Hを2回

ホームボタンの2回クリック

1-2-5 +

スペースを2回

5本指でピンチアウト

ホーム画面の表示

5本指でピンチイン

親指と残り4本の指を広げたまま画面につけて、それぞれの指をくっつけるようにします。ギュッと縮めるような操作です。

VO + H

ホームボタンの1回クリック

1-2-6 +

スペース

5本指でピンチイン

ホーム画面の表示

画面の下端から1本指で上スワイプ

1本の指を画面の下端から上に向けて素早くスーット滑らせて、1回目の効果音を確認したら指を離します。



VO + H

ホームボタンの1回クリック

1-2-6 +

スペース

画面の下端から1本指で上スワイプ

アップスイッチャーの表示

画面の下端から1本指で上スワイプ

1本の指を画面の下端から上に向けて素早くスーット滑らせて、2回目の効果音を確認したら指を離します。



VO + Hを2回

ホームボタンの2回クリック

1-2-5 +

スペースを2回

画面の下端から1本指で上スワイプ

Dockの表示と非表示

画面の下端から1本指で上スワイプして、つづけて下スワイプ

画面の下端から1本指で上スワイプします。

効果音を確認したら、画面につけたままの指を素早く指を下スワイプします。

ブーンという効果音が聞こえて、画面の最下行にドックのアプリ一覧が表示されます。



 コマンド +

オプション + D

 

 

画面の下端から1本指で上スワイプ

コントロールセンターの表示

画面の上端から1本指で下スワイプ

1本の指を画面の上端から下に向けて素早くスーット滑らせて、1回目の効果音を確認したら指を離します。



Vo + ページダウン

 

2-5 + スペース

画面の右上端から1本指で下スワイプ



通知の表示

画面の上端から1本指で下スワイプ

1本の指を画面の上端から下に向けて素早くスーット滑らせて、2回目の効果音を確認したら指を離します。



Vo + ページアップ

 

4-6 + スペース

画面の右上端以外から1本指で下スワイプ




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧1-6 ホームボタンのあるiPhoneとiPadでのボタンの働き


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。
































































































































ボタン操作

しぐさ

説明

利用シーン

キーボードショートカット

クイックナビゲーションがオンになっている時のショートカット

点字コマンド

標準ジェスチャ

ホームボタンのシングルクリック

ホームボタンを1回クリックします。

ホーム画面を表示します。



VO + H

VO + H

1-2-5 +

スペース



ホームボタンのダブルクリック

ホームボタンを素早く2回クリックします。

アップスイッチャーの画面を表示します。

起動しているアプリの一覧を確認し、目的のアプリを実行させることができます。

VO + Hを2回

VO + Hを2回

1-2-5 +

スペースを2回

 

ホームボタンのトリプルクリック

ホームボタンを素早く3回クリックします。

アクセシビリティ機能を登録して呼びだすことができます。



VoiceOverを登録しておけば、いつでもオンとオフが切り替えできます。

標準ジェスチャを使いたいときにはVoiceOverをオフにします。



 

 

 

ホームボタンのダブルタップ

ホームボタンを素早く2回タップします。ボタンを押し込むのではなく、軽くタッチします。

簡易アクセス、リーチャビリティを実行します。

画面の上半分を引き下げて表示します。指の届きにくい画面上部に表示されている項目にアクセスしやすくなります。

iPhone 6以降で利用できるジェスチャです。











ホームボタンの長押し

ホームボタンを2秒ほど押したままにして、効果音が聞こえるのを待ちます。



パーソナルアシスタントのSiriが起動します。

 

 

 

 

 

スクリーンロックの画面でホームボタンのダブルクリック

スクリーンロック状態で、ホームボタンを素早く2回クリックします。

ApplePayの支払い画面の表示

事前の設定が必要です。

 

 

 

 

スリープボタンのシングルクリック

スリーブボタンを1回クリックします。

画面をロック、スクリーンロックの状態にします。











スリープボタンの長押し

スリープボタンを押し続けます。

電源をオフにする画面が表示されます。











スリープボタンの長押し

スリープボタンを押し続けます。

電源が切れている状態で行うと、電源をオンにします。











スリープボタンの5回クリック

スリープボタンを素早く5回クリックします。

緊急SOS画面を表示します。

端末の種類によっては設定しないと作動しません。

 

 

 

 

スリープボタンとホームボタンの1回クリック

スリープボタンとホームボタンをいっしょに1回クリックします。

スクリーンショットを撮影します。

撮影されたスクリーンショットはカメラロールの中に保存されます。

VoiceOver環境がオンの状態では、スクリーンカーテンをオフにしている必要があります。

 コマンド + シフト + 3

 

 

 



__________目次の先頭へもどる__________

■一覧1-7 ホームボタンのないiPhoneでのボタンの働き


(ホームボタンのないiPadではトップボタンがサイドボタンと同じ働きをします)

 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。














































説明

ボタン操作

利用シーン

ホームボタンのあるiPhone

電源をオンにする

サイドボタンの2秒押し

 

スリープボタンの2秒押し

電源をオフにする画面の表示

音量ボタンのどちらか一つとサイドボタンをいっしょに長押し

 

スリープボタンの長押し

画面ロック

サイドボタンを1回クリック

 

スリープボタンを1回クリック

Siriの起動

サイドボタンの長押し

 

ホームボタンの長押し

アクセシビリティショートカットの呼び出し

サイドボタンを3回クリック

 

ホームボタンを3回クリック

スクリーンショット

サイドボタンと音量アップボタンをいっしょに1回クリック

 

スリープボ