■■一覧2 キーボードからのショートカットキー一覧 (2021年9月22日現在 iOS 15.0)

■■一覧2 キーボードからのショートカットキー一覧


(2021年9月22日現在 iOS 15.0)

 VoiceOverをオンにすると、接続した物理キーボードからiOSデバイスを操作できるようになります。
 キーボードを利用することで文字入力やコピーと貼り付けなどの操作が便利になりますが、それだけでなく、アプリの実行やウェブ閲覧などの操作が本体の画面に触れなくても実行できるわけです。
 ここで紹介しているのはアップル純正のキーボード(日本語配列)で利用可能なショートカットキーの一覧となります。他社製のキーボードでは一部のショートカットキーが使えなかったり、まったく対応していない製品もあります。購入する前には店頭での確認や、メーカーへの問い合わせをしてみると安心です。

 また、iPadではiPhoneよりも多くのショートカットが利用できます。ここではiPadOSで利用できるショートカットについても紹介しています。

 ショートカットキーの組み合わせとしては、コントロールキーとオプションキーの二つを押しながら、さらに別のキーを押すことが多くあります。
この二つのキーの組み合わせをVOキーと呼びます。
 iOS 9からはコントロールキーとオプションキーの組み合わせをCapsLockキーに置き換えることもできるようになっています。変更するには、
「設定」アプリを開いて、「アクセシビリティ」→「VoiceOver」→「入力」と進み、
「修飾キー」の中で指定します。

 アップルのキーボードのレイアウトはWindowsのものとは異なっています。
OptionはAlt、CommandはWindowsに置き換えて考えることができます。
キーボードの種類によっては、
OptionはWindows、CommandはAltに割り当てられているものもあります。
 ヘルプモードに入ることで、押されたキーの名前をVoiceOverが読み上げてくれるので、確認することをお勧めします。ヘルプモードに入るショートカットキーは、
VO + K
ヘルプモードを終了するには、
エスケープキーだけを押します。

 iOS 13からはほぼすべてのキーボードショートカットをカスタマイズできるようになりました。

詳しくは
■■一覧6 カスタマイズできるキーボードショートカット
http://voicei-gestures.seesaa.net/article/482639085.html
のセクションを参照してください。

 また、iOS 13からはVoiceOver環境がオフの場合、「フルキーボードアクセス」を使用することでキーボードショートカットが利用できるようになりました。
詳しくは
■■一覧12 フルキーボードアクセス
http://voicei-gestures.seesaa.net/article/482639343.html
のセクションを参照してください。





__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-1 4種類のモード


 キーボードで操作するにあたって覚えておくことがあります。それはモードによって、利用できるショートカットキーやカーソルの動き方が異なるということです。
基本的にはクイックナビゲーションがオン、修飾キーロックがオフで使うとよいです。

1. クイックナビゲーション・オン
 画面スクロールやページ移動ができます。
iOS 12まではVoiceOverの音声読み上げでオン・オフの切り替えを確認できましたが、iOS 13からは効果音で聴き分けることになります。
高めの音が鳴ればオンの状態です。
 ショートカットキーは、
左矢印 + 右矢印

2. クイックナビゲーション・オフ
 テキストフィールド内で文字編集できます。
文字編集できる状態になると、自動的に切り替わることが多いので、手動で切り替える必要はないかもしれません。
iOS 12まではVoiceOverの音声読み上げでオン・オフの切り替えを確認できましたが、iOS 13からは効果音で聴き分けることになります。
低めの音が鳴ればオフの状態です。
 ショートカットキーは、
左矢印 + 右矢印

3. 1文字クリックナビゲーション・オン
 テキストフィールド内で文字編集できます。
文字編集できる状態になると、自動的に切り替わることが多いので、手動で切り替える必要はないかもしれません。
iOS 12まではVoiceOverの音声読み上げでオン・オフの切り替えを確認できましたが、iOS 13からは効果音で聴き分けることになります。
低めの音が鳴ればオフの状態です。
 ショートカットキーは、
左矢印 + 右矢印

4. 修飾キーロック・オン
 オンの状態では、ショートカットキーを入力する時に修飾キー(Ctrl + Option)の組み合わせを必要としなくなります。
ただし、利用できるショートカットキーの組み合わせは限られてしまいます。
 オンとオフの切り替えをするショートカットキーは、
VO + セミコロン


 クイックナビゲーションを切り替えた時にオンかオフであることを、読み上げ音声で知らせるように変更することができます。iOS 15で可能になりました。
 設定アプリを開いて、「アクセシビリティ」、「VoiceOver」、「詳細度」、「クイックナビの通知」と進み、
「読み上げる」を選択状態にします。



__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-2 一般的なショートカット


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。










































































































































































































説明

ショートカット

対応するジェスチャ

次の項目に移動

VO + 右矢印

1本指の右スワイプ

前の項目に移動

VO + 左矢印

1本指の左スワイプ

アクティベート。

項目の実行

VO + スペース

1本指のダブルタップ

マジックタップ。

アクションの開始と停止

VO + ハイフン

2本指のダブルタップ

次のローター

VO + コマンド + 右矢印

 2本指で時計回りに回転

前のローター

VO + コマンド + 左矢印

2本指で反時計回りに回転

次のローター項目

VO + 下矢印

1本指の下スワイプ

前のローター項目

VO + 上矢印

1本指の上スワイプ

ホーム画面の表示

VO + H

ホームボタンの1回クリック、

画面の下端から1本指で上にスワイプ



アップスイッチャーを開く

VO + Hを2回

ホームボタンの2回クリック、

画面の下端から1本指で上にスワイプ



エスケープする

エスケープ

スクラブ

ヘルプモードの開始

VoiceOverの操作練習の画面を表示。

(エスケープで解除)

VO + K

4本指のダブルタップ

ステータスバーに移動

VO + M

 

項目セレクタを表示

VO + I

2本指のトリプルタップ

通知を表示

VO + ページアップ

ステータスバーにタッチした後で3本指の下スワイプ、

画面の上端から1本指で下にスワイプ



コントロールセンターを表示

VO + ページダウン

ステータスバーにタッチした後で3本指の上スワイプ、

画面の上端から1本指で下にスワイプ



最初の項目に移動

VO + ホーム

画面の上半分を4本指でシングルタップ

最後の項目に移動

VO + エンド

画面の下半分を4本指でシングルタップ

コンテナの上端に移動

シフト + VO + ホーム

 

コンテナの下端に移動

シフト + VO + エンド

 

テキスト検索の項目。

検索フィールドを開き、その画面内の検索

VO + F

 

次の検索結果

VO + G

 

前の検索結果

シフト + VO + G

 

長押しを実行

シフト + VO + M

1本指のトリプルタップ

または

1本指のダブルタップ&ホールド

ロックの修飾キーを切り替え

VO + セミコロン

 

3D Touchで項目をプレビュー

(対応端末のみ)

シフト + VO + F

1本指で画面を深押し

リンクされた項目に移動

VO + J

2本指の右スワイプ

VoiceOver設定を開く

VO + F8

 

アプリの切り替え

(iPadのみ)

コマンド + タブ

 

アプリの切り替え

(iPadのみ)

シフト + コマンド + タブ

 

Dockの表示と非表示

(iPadのみ)

VO + D

画面の下端から1本指で上スワイプし

て、つづけて下スワイプ

前の表示中のAppに移動

VO + 左角括弧

 

次の表示中のAppに移動

VO + 右角括弧

 

前のAppへ切り替え

シフト + VO + 左角括弧

 

次のAppへ切り替え

シフト + VO + 右角括弧

 

ムーブアウト

シフト 上矢印

2本指で左にスワイプ

ムーブイン

シフト 下矢印

2本指で右にスワイプ

その状況で利用できるショートカットの一覧表示

(iPadのみ)

コマンドの長押し

 




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-3 VoiceOver読み上げ関連のショートカット


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。









































































































































説明

ショートカット

対応するジェスチャ

すべて読み上げ。

最初の項目から連続読み

VO + A

2本指の上スワイプ

上から読み上げ。

選択した項目から連続読み

VO + B

2本指の下スワイプ

スピーチを切り替え。

連続読みの一時停止と再会

コントロールキー

2本指でのシングルタップ

VoiceOver音声の消音のオンとオフを切り替え

VO + S

3本指のダブルタップ

項目にラベルを付ける

VO + スラッシュ

2本指のダブルタップ&ホールド

読み上げをクリップボードにコピー。

直前に読み上げた内容をコピー

シフト + VO + C

3本指のクアドラブルタップ(4回タップ)

現在の単語を読み上げ

VO + W

 

現在の単語を1文字ずつ読み上げ

VO + Wを2回

 

現在の単語を1文字ずつ詳細読み

VO + Wを3回

 

現在の行を読み上げ

VO + L

 

現在の文字を読み上げ

(1文字読み、1文字詳細読みのトグル式)

(文字編集中に有効)

VO + C

 

現在の文字を詳細読み

VO + Cを2回

 

行のヘッダを読み上げ

(表の中で)

VO + R

 

残りの行セルを読み上げ

(表の中で)

VO + Rを2回

 

テキストスタイルを読み上げ

VO + T

 

表の行カラムを読み上げ。

票の大きさを読み上げ

シフト + VO + T

 

表の行カラムのセルを読み上げ。

行と列の番号を読み上げ

シフト + VO + Tを2回

 

URLを読み上げ

シフト + VO + U

 

項目の概要を読み上げ。

テキストフィールド内では、現在の単語、行数の読み上げ。

VO + F3

3本指のシングルタップ

システムの操作対象項目の概要を読み上げる

(文字編集中に有効)

VO + F4

 

選択したテキストを読み上げ。

挿入ポイントの位置を読み上げる

(文字編集中に有効)

VO + F6

 

スクリーンカーテンのオンとオフを切り替え

VO + F11

3本指でのトリプルタップ

項目の説明

シフト + VO + L

 

ヒントを読み上げ

シフト + VO + N

 

クイック設定を開く

VO + V

2本指での4回タップ




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-4 クイックナビゲーションがオンの状態で使えるショートカット


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。




























































































ショートカット

説明

対応するジェスチャ

左矢印 + 右矢印

クイックナビゲーションのオンとオフを切り替え

 

上矢印 + 下矢印

アクティベート。

項目の実行

1本指のダブルタップ

左矢印

前の項目に移動

1本指の左スワイプ

右矢印

次の項目に移動

1本指の右スワイプ

上矢印 + 右矢印

次のローター

 2本指で時計回りに回転

上矢印 + 左矢印

前のローター

2本指で反時計回りに回転

下矢印

次のローター項目

1本指の下スワイプ

上矢印

前のローター項目

1本指の上スワイプ

オプション + 右矢印

次のページへ。

右にスクロール

3本指の左スワイプ

オプション + 左矢印

前のページへ。

左にスクロール

3本指の右スワイプ

オプション + 下矢印

次の画面へ。

下にスクロール

3本指の上スワイプ

オプション + 上矢印

前の画面へ。

上にスクロール



3本指の下スワイプ

コントロール + 上矢印

最初の項目に移動

画面の上半分を4本指でシングルタップ

コントロール + 下矢印

最後の項目に移動

画面の下半分を4本指でシングルタップ

コントロール + 右矢印

次のコンテナに移動

 

コントロール + 左矢印

前のコンテナに移動

 




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-5 文字編集で利用できるショートカット


(クイックナビゲーションをオフにする必要があります)
ローター・カテゴリーの「言語」でVoiceOverの声の種類がデフォルトに指定されている場合、気をつけておくことがあります。
英語キーボードの状態でカーソル移動すると、日本語の文字が書かれていても英語の声で読み上げられてしまいます。
日本語キーボードの状態であれば日本語の声で読み上げます。

 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。







































































































































































ショートカット

説明

メモ

左矢印 + 右矢印

クイックナビゲーションのオンとオフを切り替え

 

コントロール + スペース

文字入力時のキーボード種類切り替え(iOS 9以降)

iOS 8までは、

コマンド + スペースに割り当て。



 

シフト + コントロール

+ スペース

文字入力時のキーボード種類切り替え



 

右矢印

次の文字へ

コントロール + F

左矢印

前の文字へ

コントロール + B

上矢印

上の行へ

 

下矢印

下の行へ

 

オプション + 右矢印

次の単語へ

 

オプション + 左矢印

前の単語へ

 

コマンド + 右矢印

行の末尾へ

コントロール + E

コマンド + 左矢印

行の先頭へ

コントロール + A

オプション + 上矢印

前の段落へ

 

オプション + 下矢印

次の段落へ

 

コマンド + 上矢印

書類の先頭へ

 

コマンド + 下矢印

書類の末尾へ

 

シフト + VO + ページアップ

前の段落

 

シフト + VO + ページダウン

次の段落

 

コマンド + VO + ページアップ

前の分

 

コマンド + VO + ページダウン

次の分

 

コマンド + A

すべてを選択

 

コマンド + C

コピー

 

コマンド + X

切り取り

 

コマンド + V

貼り付け

 

コマンド + Z

取り消す

 

シフト + コマンド + Z

やり直す

 

デリート

1文字前を削除(バックスペース)

コントロール + H

オプション + デリート

1単語前を削除

 

コントロール + K

行末までを削除

 

コントロール + M

改行を挿入

 

イジェクトキー

スクリーンキーボードのオンとオフを切り替え

 

VO + エンター

テキストの範囲選択を開始および停止

シフトとカーソルでテキストの範囲選択

をする代わりに利用できます。




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-6 その他のショートカット


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。













































































ショートカット

説明

対応するジェスチャ

スペースキーの右キー

日本語入力モードに変更

(アップル純正キーボード)

 

スペースキーの左キー

英語入力モードに変更

(アップル純正キーボード)

 

コマンド + スペース

スポットライト検索画面の表示

 

ファンクション1

スクリーンの明るさを下げる



 

ファンクション2

スクリーンの明るさを上げる



 

ファンクション7

前の曲へ。

押し続けると巻き戻し



 

ファンクション8

曲の一時停止と再生



 

ファンクション9

次の曲へ。

押し続けると早送り



 

ファンクション10

消音のオンとオフを切り替え



 

ファンクション11

ボリュームを下げる



 

ファンクション12

ボリュームを上げる



 

コマンド + シフト + 3

スクリーンショットの撮影

 

コマンド + シフト + 4

スクリーンショットを撮影してマークアップの画面を表示

 




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-7 1文字クイックナビゲーションがオンの状態で使えるジャンプ関連のショートカット


(シフトキーを押しながら入力すると前方向にジャンプします)

 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。


















































































ショートカット

説明

メモ

VO + Q

1文字クイックナビゲーションのオンとオフを切り替え

 

左矢印 + 右矢印

クイックナビゲーションのオンとオフを切り替え

 

H

次の見出しへ

 

1から6

見出しの1から6へ

 

L

次のリンクへ

 

R

次のテキストフィールドへ

 

S

次のテキスト項目へ

 

T

次の表へ

 

W

次のランドマークへ

 

X

次のリストへ

 

M

次の同じ種類の項目へ

 

I

次のイメージへ

 

B

次のボタンへ

 

C

次のホームコントロールへ

 




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-8 クイックナビゲーションのモードにかかわらず利用できるジャンプ関連のショートカット


(シフトキーを押しながら入力すると前方向にジャンプします)

 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。


























































































































ショートカット

説明

メモ

VO コマンド b

次のボールドテキストの項目に移動

 

VO + コマンド + c

次のスタイル変更に移動

 

VO + コマンド + d

次の別の項目に移動

 

VO + コマンド + e

次のスペルミスのある単語に移動

 

VO + コマンド + f

次のフレームに移動

 

VO + コマンド + g

次のイメージに移動

 

VO + コマンド + h

次の見出しに移動

 

VO + コマンド + i

次のイタリックテキストに移動

 

VO + コマンド + j

次のコントロールに移動

 

VO + コマンド + k

次のカラー変更に移動

 

VO + コマンド + l

次のリンクに移動

 

VO + コマンド + m

次の同じ見出しに移動

 

VO + コマンド + o

次のフォント変更に移動

 

VO + コマンド + p

次の標準テキストの項目に移動

 

VO + コマンド + q

次のブロック引用に移動

 

VO + コマンド + s

次の同じ項目に移動

 

VO + コマンド + t

次の表に移動する

 

VO + コマンド + U

次のアンダーライン付きテキストの項目に移動

 

VO + コマンド + V

次の閲覧済みリンクに移動

 

VO + コマンド + W

次の同じブロック引用に移動

 

VO + コマンド + X

次のリストに移動

 

VO + コマンド + Y

次の列に移動

 




__________目次の先頭へもどる__________

■一覧2-9 Safariで使えるショートカット


 ここからはテーブルです。
スクリーンリーダー環境で閲覧している方は、テーブルモードで読み進めると便利です。























































































































































































ショートカット

説明

メモ

コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く



コマンド + L

場所を開く