iOS 15の新機能、新しいジェスチャ「2本指の左スワイプと右スワイプ ムーブアウトとムーブイン」 with iOS VoiceOver

iPhone 12 Pro, iOS 15.0のVoiceOver環境で読み上げ操作を確認しています。

 iOS 15では、画面に表示されている内容をグループ化することで、不必要な項目を非表示にして、VoiceOverのカーソル移動での閲覧を効率よく行えるようになりました。
新しいナビゲーションの方法で、メニューを折りたたむ、広げると考えるとよさそうです。

 グループ化するかどうかの設定は、設定アプリを開いて、「アクセシビリティ」、「VoiceOver」、「ナビゲーションスタイル」の中で行います。
ローター・カテゴリに含めることで、ローター操作でいつでも切り替えできるようになります。

(注意) 意図せずにグループ化を選んでしまうと、VoiceOverのカーソル移動で途惑うことになるので、普段はグループ化しないを選んでおく方がよさそうです。

●「2本指の左スワイプと右スワイプ」
 2本指で左スワイプするとムーブアウト、メニューを折りたたみます。
2本指で右スワイプするとムーブイン、メニューを広げ、隠れていた項目を表示します。
 キーボードのショートカットは、
ムーブアウトが、
VO + シフト + 上矢印
ムーブインが、
VO + シフト + 下矢印

 たとえば、天気アプリなどのデータの項目、「空気室」や「気圧」などでは、ムーブアウトしていると、それぞれの数値は読み上げません。ムーブインすると、詳細データを読み上げます。