iOS 15の新機能、アプリごとに画面表示とテキストサイズ、動作を設定する「Appごとの設定」 with iOS VoiceOver

iPhone 12 Pro, iOS 15.0のVoiceOver環境で読み上げ操作を確認しています。

 これまでのiOSでは画面表示とテキストサイズ、動作についてはアクセシビリティメニューの中で設定できました。しかし、アプリごとに表示スタイルを変更したい場合には、いちいちその設定を変更する必要があったわけです。
 iOS 15では、それぞれのアプリごとに設定を記録できようになりました。ロービジョンのユーザにとってはかなり都合のよい機能でしょう。
これはVoiceOverの読み上げ設定を「アクティビティ」機能でアプリごとに記録しておくのと同じだと言えます。


 設定アプリを開いて、「アクセシビリティ」、「Appごとの設定」と進み、
「Appを追加」ボタンを1本指ダブルタップします。
一覧の中から設定したいアプリを選びます。
 「アプリを追加」ボタンのある画面に戻りますが、ここには追加したアプリだけが一覧表示されます。アプリの箇所を1本指ダブルタップすると、設定メニューが表示されます。


■画面表示とテキストサイズ



  • ・文字を太くする

  • ・さらに大きな文字

  • ・ボタンの形

  • ・オン/オフラベル

  • ・透明度を下げる

  • ・コントラストを挙げる

  • ・カラー以外で区別

  • ・反転スマート


■動作



  • ・視差効果を減らす

  • ・クロスフェードを優先

  • ・ビデオプレビューの自動再生