iOS 15の新機能、写真の中のテキストを認識する「テキスト認識 Live Text』with iOS VoiceOver

iPhone 12 Pro, iOS 15.0のVoiceOver環境で読み上げ操作を確認しています。

 iOS 15では機械学習を利用して写真の中のテキストを認識することができます。ただし、2021年9月現在では日本語に対応していません。

 事前準備として、設定アプリを開いて、「一般」、「言語と地域」と進み、
「テキスト認識表示 Live Text」の切り替えボタンをオンにします。

 認識されたテキストは範囲選択することが可能なので、コピーや共有に利用できます。


■写真を撮影しないで認識されたテキストを確認する


 カメラアプリを開きます。テキストの書かれた物に向けてレンズを向けます。
テキストが検出されると、
「テキストを検知しました」というアナウンスが聞こえて、画面上には
「テキスト検出」ボタンが表示されます。
そのボタンを1本指ダブルタップすると、「テキスト検出」ボタンは選択状態になります。

 画面には認識されたテキストが表示されます。この状態ではiPhone本体を動かしても、認識されたテキストの内容はそのままなので、安心して確認することができます。
 「テキスト検出」ボタンを1本指ダブルタップで選択解除にすると、元の写真撮影画面に戻ります。


■撮影後の写真の中のテキストを認識する


 写真アプリを開きます。写真をフルスクリーン表示するだけの操作です。
テキストが含まれていれば、認識結果が表示されます。
 指を画面に着けたままでなぞりながら確認すると、画面のどの位置に文字が書かれているのかを確認することができます。